FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 乱視 トレーニング

コンタクトレンズと云うと、通常は、昼間に装着して視力を矯正するものだと考慮する。
しかしながら、そのコンタクトレンズを視力回復の手段として活用する、新しい方法として現状、話のネタに為ってるのが、「オルソケラトロジー」である。
オルソケラトロジーと云うのは、オルソレンズと云うコンタクトレンズを夜間に装着して、昼間の視力を回復させるものである。
視力回復の新しい方法としては、レーシック等の手術が話のネタに為ってるが、手術以外の方法としてこれから、更に待望が寄せられる事だろう。

・術後に異物感を実感したり、しみたりする事が有る。

・手術中にまぶたを大幅にオープンする為に器具をつける事から、術後にまぶたがはれぼったくなり、開きづらくなる事も有る。

・結膜に内出血(結膜下出血)が起こり、白目が赤くなる事が有る。

*このような症状は、1晩で治るものもあれば、2週間ほどかかるものも有る。

方法としては、マイクロケラトームとよばれるカンナのような機械で角膜の表面を薄く削り、ふたのような「フラップ」をつくり、めくのである。
そこにエキシマレーザーを照射して、角膜の一部を蒸散させるのである。
其の後、フラップを元の部分にもどして、フラップが自然に接着するまで待つ。
約2から3分である。

但し子供のケースの場合は、おのれでコンタクトレンズの扱いが出きるまではめがねの方が良いだろう。
そうなると、コンタクトレンズは、やっぱり中学生ぐらいからと云う事に成る。
ただ、医学的な面からコンタクトレンズを使用したほうが良いと云うケースの場合も有る。
左右の度がちがう人、円錐角膜と云う病気をもってる人、近視が途方もなくつよい人のケースの場合である。
これらの人は、大人の方も含め、めがねよりもコンタクトレンズの使用を勧められるようである。



スポンサーサイト
18 : 19 : 19 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。